睡眠不足

睡眠不足

睡眠不足

肌のはりを保てなくなることはやむを得ないと認識していないでしょうか。
加齢とともに失われていく肌のはりに気付いているのに、対策をとるのととらないのではまるで別物になってしまいます。

肌のはりが減少する原因を把握し、わずかでも健やかでかつ美しい肌をキープするように努力しましょう。
はりを失ってしまう元として、まず最初に考えられるのは、加齢と連動する肌細胞の衰退化です。
潤いを閉じ込めておく機能が衰えることによって、はりのある肌はだんだん失われてしまいます。

そして、夜更けまで起きていることも健やかな肌づくりには望ましくありません。
満足な睡眠をとることは、疲れを解消するという効果のみではないのです。
栄養は睡眠中、体のあちこちに行き届く仕組みなっているので、健やかな状態で朝目を覚ますためにもとても意味のあることなのです。

肌細胞にも栄養分が行き届かないと、疲労してしまいます。
あまり眠らなかった翌日は、一日疲れが付きまとい日頃のペースが保てなくなってしまいます。
おかしな時間に昼寝をすることで、また夜に睡眠に就けなくなるなどのイタチごっこになることもあるので注意を払わなければなりません。
規則正しい生活を送ることが、肌対策として力を発揮するのです。

そのためには、食生活も見直すことが欠かせません。
栄養バランスの良くない食生活というのが現状であれば、どれほど肌の手入れをしたとしても肌のはりを保ち続けることは無理でしょう。
目に見えない体の中から健やかに保っていく行動が重要です。

肌ストレスといわれる乾燥や冷え以外にも、精神的なストレスも肌のはりに映し出されます。
自分に最適なストレスの解消の仕方を見つけ出すことも、肌を健康に保つためには大切な要素なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ